精密機械加工でお困りの方へ

精密機械加工の種類

旋盤加工とは?

旋盤加工とは、基本的に丸いものをつくる加工技術で、回転している材料に刃物を当てながら円柱や円筒形状の部品をつくります。刃物の当て方・送り方を変えることで様々な形状にすることができ、穴空けや溝入れ、ネジ切りなどの加工も可能です。旋盤加工には、汎用機を使用する「汎用旋盤加工」と、自動機を使用する「NC旋盤加工」があります。

NC旋盤加工

刃物(バイト)は前後・左右に動かすことができますが、この操作を手動、あるいは1方向だけ自動送りにしたのが汎用旋盤加工です。それに対し、材料の回転や刃物の動かし方をコンピューター制御で行うのが「NC旋盤加工」です。

【NC旋盤加工のメリット】
  • 単純な作業の繰り返しで作業時間が長くなるときも、NC旋盤なら加工時間を短縮できる。
  • 汎用旋盤に比べてきめ細かい寸法設定ができるため、高精度な部品加工ができる。
  • 2軸以上を同時に動かすことができるため、曲面・球面形状の加工ができる。
  • 汎用旋盤ではつくりにくい特殊な形状の部品を加工できる。
  • プログラミングによって動くため、自動運転による無人化ができる。
  • 一度プログラミングをすれば同一の加工を繰り返せるため、量産性に優れる。

フライス加工とは?

フライス加工とは、基本的に四角いものをつくる加工技術で、立方体やL字など角があるものや平らなものを加工します。固定した材料に、複数の刃物が付いたフライス盤を回転させて切削します。溝削りや平面削り、面取りや肩削りなど、様々な加工が可能です。フライス加工には、汎用機を使用する加工と、自動機を使用するマシニングセンター加工があります。

マシニングセンター

マシニングセンターは、切削、中ぐり、ネジ立て、穴空けなどの作業を1台の機械で自動的に行うことができる特殊な設備のことです。 コンピューターの命令によって自動でドリルやカッターなどの工具を交換しながら加工します。 旋盤加工が材料を回転させることで加工するのに対し、マシニングセンターは刃物を回転させることで加工するのが特徴です

【JISによるマシニングセンターの定義(JIS B0105)】
工作物の取り替えなしに2面以上についてそれぞれ多種類の加工を施す数値制御工作機械。工具の自動交換機能又は自動選択機能を備える
【マシニングセンター加工のメリット】
  • 旋盤加工に比べて作成物にかかる負担が少なく、破損のリスクを軽減できる。
  • 作業時間を大幅に短縮できる。
  • 作業スタッフや経費の削減につながる。
  • 複雑な形の部品や数量が少ない試作品、サンプル品などの製作に適している。

精密機械加工でこんなお悩みありませんか?

不良品が多くて困っている・・・

不良品が多いうえに、修正対応が遅くて困っていませんか? 吉井製作所なら!
当社では、工程間チェックを徹底するとともに、高精度の3次元測定器を導入して検査を行っています。高精度の加工ならお任せください。

納期どおりに部品が届かない・・・

納期までに部品が届かなかったために、納入先に迷惑をかけたことはありませんか? 吉井製作所なら!
当社は納期厳守を徹底しています。少数精鋭だからできるフレキシブルな生産体制で、短納期のご要望にもできる限り対応させていただきます。

小ロットの依頼を受けてもらえない・・・

小ロットの依頼先をお探しの、多品種・少量生産の業者様はいませんか? 吉井製作所なら!
当社は、一点物の案件も数多く手がけています。一点のご依頼でも、小ロットのご依頼でも誠実に対応させていただきます。

提案力のある仕入れ先を探している・・・

新製品が特殊な仕様のため、開発が頓挫していませんか? 吉井製作所なら!
当社のアドバンテージは、長年の実績から培ってきたノウハウ・アイデアです。「こうすれば解決できる」「こっちのほうがうまくいく」といったご提案ならお任せください。

安い業者は品質が心配・・・

安い部品加工業者を探しているけど、品質が心配で決めかねていませんか? 吉井製作所なら!
当社は、お客様とのコミュニケーションを大切にし、求められる品質を正確に把握しています。ご要望のクオリティーを確実にクリアした製品をお納めします。
pagetopへ