サービス紹介~マシニング加工~

マシニング加工 武田 大祐

他社よりもいいものを納めたい。

インタビュー

--- Q 役割とこだわり
他社よりもいいものを納めたい。
現在は、工場長を任されており、マシニング加工もNC旋盤加工も、ひと通り全部見ています。
競合他社に負けたくないという気持ちは強いと思います。
当たり前のことかもしれませんが、他社と比べたときに、「仕上がりいいね」「きれいだね」「精度が出てるね」と、褒めていただけるような仕事をすることです。同じものをつくるなら、絶対に他社よりも精度が高くてきれいなものを納めたいですからね。
--- Q 職人教育のこだわり
個人の特性を生かせる環境づくり。
どんな人にも得手不得手がありますから、一人ひとりの特長を伸ばせるような配慮はしています。
一人ひとりがベストを尽くせる段取りであったり、環境であったり、そういうところに気を遣っていますね。
--- Q 吉井製作所のアドバンテージ
加工から穴空け、研磨、組立まで何でもできること。

部品加工だけでなく、ユニット組立までひと通りできることですね。
溶接や穴空け、研磨やメッキ処理など、できるだけ社内で対応できるようにしています。 もちろんできないこともありますが、お客様にとっては便利な会社だと思いますよ。

一貫対応することでコスト削減にもつながりますし、不良も少なくなる。こういう社内体制があるのは吉井製作所の強みだと思います。

また材料にしても、よほどの軟弱材でない限り、ほとんどの素材に対応できます。
例えば、銅なんかは軟らかいので嫌がる業者さんもありますが、うちなら削れる。長年のノウハウが生きているのだと思います。
--- Q 仕事のやりがい
期待に応え、信頼を勝ち取ること。
大きな工場でライン製作で、毎日同じものばかりをつくるのは、僕には合わないんです。
その点、吉井製作所は一点物の依頼が多いので、毎回違うものをつくれます。毎回、新しいチャレンジができるのはスキルアップにもつながりますし、大きなやりがいになっていますね。
試作からお手伝いして、品質が評価されて、それが製品化されて大ロットでご発注いただく。
言い方は悪いですが、「試される」ところでしっかりと期待に応えることで、信頼していただけるのは、僕のモチベーションになっています。
--- Q 今後のビジョン
個人としても会社としても「何でもできる」を目指して。
一人ひとりの役割を限定してしまうのは嫌だなと思っています。
吉井製作所は、加工品を装置として組むまで一貫して対応できる会社です。
「何でもできる」という強みがある会社なのだから、職人一人ひとりも何でもできたほうがいい。
「図面どおりにつくっても、組み立ててみたらちょっと・・・」ということはあります。
でも、後工程のことを知っていれば、そういう不具合は減るはずです。みんなが全体を知っていれば、無駄もなくなるし、コストも省けるし、納期も短縮できます。みんなが全体に関わることで個人としても会社としても力を上げていきたい。工場長としては、そういう環境を整える役割を担っていきたいです。

職人紹介 工場長 武田 大祐

職人紹介 工場長 武田 大祐

pagetopへ