サービス紹介~ユニット組立~

ユニット組立 本間 憲一

他社よりもいいものを納めたい。

インタビュー

--- Q 役割とこだわり
誤差の原因は必ず明らかにする。
ユニット組立の部署の代表をしています。ユニット組立は最終工程ですから、「品質を守る」という責任感は誰よりも強いと思います。ユニット組立では、年間を通して同じ組立物が何種類か回ってきますが、その動きや機能の誤差を出すことなく、常に安定した品質を維持できるように努めています。
どうしても誤差が出てしまうケースはありますが、そうなったら、とことん原因を追究します。ミクロン単位のズレですべてがやり直しになってしまうこともありますので、品質チェックはとことん厳しくやっていますね。
当社のチェックは、自分がつくったものを次の工程の人がチェックするという体制が基本になっています。そして、後工程の人が前工程の人にフィードバックします。このチェック体制を敷いていることで、ミスがあっても早い段階で発見できますし、素早く修正することもできます。
--- Q 吉井製作所のアドバンテージ
経験豊かなベテラン職人。

ベテラン職人の存在は、この会社にとって大きな財産になっていると思います。 経験豊かなベテランがいることで、若い職人が学べる環境にあり、どんどん育ってくる。 言葉であれこれ教えるような性質の仕事ではありませんので、若手はとにかく先輩の仕事を見て学ぶんです。

精密機械部品の業界って「積み重ね」がすごく重要で、それが途絶えてしまうと、職人が育ちません。そういう意味では、ベテランと若手が共存している当社はいい環境にあると思います。

--- Q お客様へのメッセージ
対話のなかでベストを探る。
精密機械部品を製作するにあたって、当社はお客様との「対話」を大切にしています。とにかくお客様とコミュニケーションをとりながら、ご満足いただけるものづくりを目指しています。
設備機器の進歩はめざましいものがありますが、やはり「人と人の仕事」なんです。難しい条件がある場合も、コミュニケーションを重ねれば、お互いに「これがベストだ」という形を探っていけます。いい対話ができれば、ご満足いただけるものを提供できる自信があります。
--- Q 今後のビジョン
常に安定した精度を出し続けること。
吉井製作所は、加工品の製作からユニット組立までできる会社ですが、お客様とお取引がはじまるのは一点の加工がきっかけになります。加工品で精度を出して評価をいただければ、将来的には様々な部品や組立まで任せていただけるようになります。ですから、常に安定した精度を出し続けること、納期を守り続けること。そうやってお客様と信頼関係を築いていきたいですね。

職人紹介 ユニット組立 本間 憲一

職人紹介 ユニット組立 本間 憲一

ユニット組立の事例はこちら
pagetopへ